売るプロになろう

査定を受けた時に、希望額を聞かれることがあります。
特に希望もなく、「これくらいで売れたらいいかなー・・・」なんて考えで希望額を伝えてはなりません!
相手が希望額を聞くのは大抵の場合が、安く買う為の探りを入れている状態なんです。
ですので、もし下手な金額を言おうものなら、それ以上の金額で買取ができない可能性も十分あり得ます。

買取業者は、買い取ることを専門にした「買うプロ」です。
ですから、利益の出ない買取はまずしないでしょう。
それではサービスになってしまいますからね。

しかし、足元を見られて買い叩かれるなんて事は何としても避けたいものです。
ではどうすればいいか。
それは、こちらが「 売るプロ 」 「 買わせるプロ 」になることです。


掘り出し物を見つけるのに大事なのは、あらかじめ相場や価値を知っていることですよね。
そうでなければ、破格の値段で売っていたとしても気にも留めずに通り過ぎてしまいます。
多少の前知識さえあれば、このような機会を見す見す逃すことにはならなかったでしょう。

このようなことを避けるために必要なのは

「相場を知ること」です。


相場を知ってさえいれば、提示される金額が安いのか・それとも高いのかを判別することができるようになります。
ですので、“適正価格よりも安く買い叩かれる”“詐欺行為”といったトラブルを未然に防ぐことができます。

それだけではなく、交渉・駆け引きの材料にもなり得ます。
安い希望額を提示してしまうと、相手は一芝居をうって難しい要求を呑んだような印象を与えます。
希望が通ったことにより満足してしまいがちですが、これでは損をしてしまってます。
もう少し上手く立ち回れたら、高く売れたかもしれません。

その一つの方法として、希望額よりも少し高い金額を提示するというのがあります。
安い高い」のと
高い安い」では、受ける印象というのは全く違いますよね。
これを上手く利用して、口にした希望額よりは安くなったとしても
本来の希望額で買い取ってもらえるように、誘導ができれば儲けものです。

だからと言って、高い金額で提示すればいいという訳ではありません。
適正価格より高くなっては、買取業者が離れていってしまいます。
そうならないように、相場より少しだけプラスした現実的な金額にすることが大切です。


以上のように相場を知っていれば、得をすることはあっても損をすることはまずありません。
そしてこれは"買う側""売る側"どちらの立場であっても、同じことが言えます。

それでは、どうやって相場を知るかについてですが
査定を繰り返す内に、買取業者の反応から大凡の金額を見当をつけることもできますが
もっと簡単に調べる方法がありますので、ご紹介いたします。

バイク買取企業によっては、インターネットによる無料査定を扱っていますのでそれらを利用します。
("バイク王"や"バイク査定ドットコム"など)

必須項目を入力して(※下記表参照)、その情報を送ります。
その情報を基に査定をし、それが済み次第
見積もり結果が送られてくるといった流れになります。
(企業により差異はありますが、オンライン無料査定の大体がこのような形になっています)
そして送られてきた査定額が、そのバイクにつけられている相場の大凡の目安となります。

無料お試し査定の入力必須項目

  • メーカーの選択

  • 排気量を選択

  • バイク選択

    バイク名が不明の場合は、「該当なし」を選択

  • 名前の記入

  • 連絡先電話番号

このページの先頭へ