査定から買取までの流れ

査定と買取が、実際にはどのような流れで行われるかについてご紹介いたします。

バイクの市場価格を調べる(オンライン査定・一括査定など)
査定の依頼をする
実際にバイクを見てもらう(出張査定・持ち込み査定など)
査定・買取金額を提示してもらう
それに納得できたら契約書を書く
即日現金払いか銀行振り込みで代金をもらう
以上のような流れとなります。
続いて査定・買取毎に必要な書類についてご紹介いたします。(※.下記以外の書類の提出を求められる場合があります)


「査定」の際必要な書類
車検証 自賠責保険証書
「買取」の際に必要な書類
車検証 自賠責保険証書 納税証明書 印鑑証明書 譲渡証明書 委任状
大まかな流れと、必要な書類についてはお分かり頂けましたか?
この流れの中で気になったであろう点について、少し補足したいと思います。

バイクの出張買取について
オンライン査定・一括査定はもちろん、出張買取も多くの買取業者が無料で取り扱っています。
中には有料となる場合もあるので、事前に確認してください。
商談不成立時において
出張買取などを利用して査定した結果、買取価格に納得ができなかった。
そんな時に売らなければならないのか、不安になってしまうかもしれませんが
買取査定をしたからといって、売らなければならないなんてことは無論ありません。
ですので、買取査定額に自分が納得できた場合のみで構いません。
(※.商談不成立の場合でも、査定料・出張料がかかることは基本ありませんが、中にはそうでない場合もあるので事前に確認してください)
売却金の支払いについて
買取業者によって異なりますが、大抵の買取業者では成約時に現金での支払いか、銀行への振込みになります。
名義変更手続きについて
バイクを売った際、名義変更手続きや廃車手続などの面倒な手続きが必要となりますが
買取業者では無料で行ってくれるところもあります。
また代行してもらった場合においては、きちんと手続きをしてくれたかどうかがわかるように
バイクの廃車証明書(車検有の場合)・名義変更後のコピー(車検無の場合)」など後日送付してもらい確認できるようにしましょう。
必要書類を紛失した場合について
バイクを売るのに色々な書類が必要となってきますが、もし紛失した場合
買取業者が再交付の仕方を教えてくれたり、再交付手続きを行ってくれる場合もあります。

このページの先頭へ